【高時給も夢じゃない】サービス提供責任者の求人条件を紹介

MENU

訪問介護サービスの責任者

履歴書

介護職員の指導や育成

日本では高齢化社会が進んでおり、介護を必要としている人も増えていますが、それゆえに介護関係の求人は実に多く募集されています。介護の求人では多くの介護職の募集がありますが、サービス提供責任者と呼ばれる仕事もあります。サービス提供責任者は訪問介護サービスの責任者のことで、訪問介護計画書の作成や利用者への説明を行いますし、訪問介護員の育成や指導、管理なども行います。どのぐらいの収入が得られるのかも知っておきたいですが、実務経験や資格の取得が必要ということもあり、ホームヘルパー等の職業と比較してもより高収入が期待できます。介護に関する様々な業務を行う必要がありますが、より介護職でキャリアアップしたい人や、仕事にやりがいを求める人にはぴったりの仕事と言えるでしょう。サービス提供責任者になれる条件も知っておきたいですが、まずは介護福祉士や実務者研修修了者があげられます。介護職員初任者研修修了者の場合は実務経験が3年以上あることが条件となります。こうした条件に当てはまっており、サービス提供責任者として活躍したいという人はまずは求人情報を探してみましょう。求人の情報はハローワークやフリーペーパー、新聞の折り込みチラシなどで得ることもできますし、インターネットの転職サイトもいつでも新しい情報が得られるので便利です。転職サイトを利用する時も介護や福祉系に特化したサイトを選んでおけばより効率よく仕事を探すことができます。