【高時給も夢じゃない】サービス提供責任者の求人条件を紹介

MENU

求められる介護の仕事

ヘルパーと女性

目前に迫る2025年問題

2025年には団塊の世代が75歳以上になり、日本社会は本格的な超高齢社会に突入します。いわゆる「2025年問題」は、2025年にピークを迎えその後収束するのではなく、同年以降数十年のスパンで超高齢社会が続くと予測されています。そうした中、喫緊の課題はケアワーカーをはじめとする介護・福祉人材の確保です。ところが、多くの事業所や施設でケアワーカーの求人を出しても応募がなく苦慮しています。きつい、給料安い、きたないといった言葉に象徴されるように、マイナスイメージが先行する介護の世界ですが、人間の命や暮らしに最も密着する、やりがいのある仕事でもあります。今後、多くの仕事がAI等にとってかわられるという話もありますが、介護に関しては生身の人間が行う必要があります。そう考えると、雇用条件としてはある程度安定した仕事であり、また求人も多く採用されやすい職種であるともいえます。では、ケアワーカーなどの求人をどのように探せばよいのでしょう。一つは近くのハローワークに行けば、身近な求人票を確認することができます。また、朝刊の折り込みチラシにも頻繁に求人案内が掲載されています。また、全国社会福祉協議会が運営しているサイト「福祉のお仕事」では、全国各地の福祉職の求人を確認することができます。なお、介護職としては、「介護福祉士」の募集と、ケアワーカーといった「介護職」の求人があります。前者は国家資格有資格者を募集していることになります。後者は、資格は問わないという求人になりますので、無資格者や未経験者はこちらの求人をチェックすると良いでしょう。